意外に、ネット初心者は解凍が苦手のようです。ここでは、その解凍のやり方をなるべく分かりやすく解説します。

てか、そもそも解凍とは何かというと、大きなデータを「圧縮」という技術を使ってコンパクトになっている状態から、もとの使える状態に戻す…えーと、布団圧縮袋とか折りたたみグッズなどを考えて下さい。ああやってコンパクトにする事で、ダウンロードをしやすい状態になっているわけです。フツーにダウンロードさせると、大き過ぎてダウンロード時間がかかりすぎるので、圧縮をしているわけですね。解凍とはこういった折りたたんだ状態から元に戻す…と言うか、ふだん使う状態に戻す作業の事です。さすがに、圧縮されたままの布団を使って寝る人はいないと思うので(笑)


では、早速やりましょう。習うより実行してみないと分からないものです。ここをクリックして、さっそく解凍ソフトをダウンロードします。ここで注意。今「どこに」ダウンロード↓のか、しっかり場所をよく覚えましょう、場所を。あとで「どこだっけ?」って俺に聞かれても…
(^^;  
    

              

…で、今ダウンロードしたプログラムは、↑のようなアイコンになっているはずです。これを「左」クリックでダブルクリック。そうすると、

                

↑のようなアイコンが出てくるはず。これもダブルクリック。そうすれば、

               

…と、微妙に違っているかもしれませんが、とにかく赤い丸で囲った部分のようにクリックして設定します。
これで、解凍ができる準備が整いました。

あとはですね、今後ダウンロードしたりするファイルで、終わりの方に「zip」「lzh」とかの名前が書いてある奴…例えば…



これとかね…ほら、終わりの方にlzhって書いてありますね。これをダブルクリックすれば自動的に解凍がされます。

次に、圧縮。

これをやるには、「ドラッグ&ドロップ」という技が必要です。ここをクリックして、やり方をよく理解しましょう。

さて、この技を使って、仮に、あるテキストファイルを圧縮したいとします。



こうして、先ほどDLしたLhacaに今のドラッグアンドドロップを使って、メモ帳ファイルを圧縮解凍ソフトの上に乗せるだけです。

こうすれば、メモ帳が圧縮されます。

あとは、習うよりなれよであります。
以上で、解凍の解説を終わります。

トップに戻ります